HOME

 ▼歓迎のメッセージ

 ▼教会の歴史

 ▼教会の信仰告白と教会のビジョン

 ▼教会までのアクセス

 ▼牧師紹介
 ▼スタッフ紹介
 ▼教会の様子
 ▼集会案内
 ▼リジョイスファミリー
   (ゴスペルクワイヤー)

 ▼週報巻頭言
 ▼シャローム子どもの家
 ▼ニュースレター PDF
 ▼リンク



教会には、神様からのメッセージと賛美と笑顔があります

  ふじみキリスト教会信仰告白とビジョン

1.聖書

聖書は、神の霊感によって、書かれたものであり、神の人類救済の聖意志をあらわしたもので、わたしたちの信仰生活の唯一の完全な規範であることを信じます。

2.神

わたしたちは、全知全能にして、万物の創造者なる唯一の生ける真の神を信じます。この神は、父・子・聖霊の三位一体なる神であられ、イエス・キリストにおいてご自身を顕わされ、人類救済の業を成就し、万物を支配し給うことを信じます。

3.人間の堕罪

わたしたち人間は、神の像にかたどって創られ、神に正しく応答すべきであったにもかかわらず、神への不従順の罪の故に、堕落し、永遠の滅亡に定められた存在となったことを信じます。

4.イエス・キリスト

み子イエス・キリストは、父なる神のみ旨に従い、真の人となられ、わたしたち罪人の救いのために十字架にかかり、完全な贖(あがな)いとしてご自身を神にささげられたことを信じます。イエス・キリストは死んで、葬られ、三日目に甦(よみがえ)り、天に昇り、父なる神の右に在し、聖霊において、わたしたちと共に在して守り導き給う救い主であることを信じます。

5.救い

いかなる罪人も、イエス・キリストの贖(あがな)いと復活を信ずる信仰によって、完全な救いをうけ、永遠の生命にあずかることを信じます。また、聖霊の導きにより、イエスが主であることを告白し、新生の体験をなし、更に聖化にあずかることを信じます。これは、ただ神の恵みによるものであり、人の業によるものでないことを信じます。

6.教会

教会は、主イエス・キリストをかしらとするキリストの体であって、神の恵みによって、召され、信仰告白をして、バプテスマをうけた信仰者の集まりであることを信じます。教会は、礼拝と礼典を守り、聖い交わりを保ち、主の再臨を待望しつつ、福音宣教の業に励み、主の御委託に応えるものであることを信じます。

7.礼典

バプテスマと主の晩餐を主イエス・キリストによって定められた礼典と信じます。バプテスマとは、父・子・聖霊の名をもって行なわれる信仰者の水による浸礼であり、主と共に死に、共に甦(よみがえ)ることを象徴し、また、バプテスマが教会の交わりに入るために不可欠の礼典であることを信じます。主の晩餐は、罪人の贖(あがな)いのため死なれた主イエス・キリストの御体と御血を記念して行なう礼典で、主の再臨を待望しつつ、行なう礼典であることを信じます。

8.主の日

主イエス・キリストの甦(よみがえ)りが週のはじめであったことから、この日を「主の日」として覚え、共に礼拝し、神のため、また個々の魂のため、聖く守るべきことを信じます。

9.教会と国家

教会は、国家権力や、地上のいかなる組織や権力の支配からも自由であり、両者は明確に分離されるべきことを信じます。地上のいかなる政治機構も、人類社会の福祉秩序のため、神が定め給うたもので、教会の主なるキリストは、この世の諸権力に対しても主として、また王として支配されることを信じます。それゆえ、国家権力や、その他の諸権威を尊重し、キリストの御旨に反しない限り、良心的に、これに従うべきことを信じます。

10.終末と来世

この世の終末が近づきつつあることを信じます。この時、キリストは、主の主、王の王として、神の義をもって、この世をさばき、世界と人間、歴史と教会に対する神の経綸(けいりん)の目的である神の完全な聖支配を究極的に確立されることを信じます。


            ふじみキリスト教会のビジョン
● 私たちの願いは、痛み、傷つき、居場所を失い、喜びを見出すことのできない人々が教会に導かれ、受容と赦しの交わりを通して、共にイエスキリストの溢れる愛を受けていくことです。
● 私たちの願いは、平和を失った家族が、祝福を回復し、神による癒しの過程を歩み出し永遠の救いに与ることです。
● 私たちの願いは、この地域に住むすべての人々に、あらゆる方法でイエスキリストの福音を届け、さらに小グル−プ(セル)の働きによって、大勢のキリストの弟子が加えられていくことです。
● 私たちの願いは、たくさんのクリスチャンホームが生み出され、いのちに輝く信仰の継承がなされていくことです。
● 私たちの願いは、礼拝を捧げることを最高の喜びとしていくことです。
このビジョンのために、私たちふじみキリスト教会は、喜んで立ち上がり、献身の民となって、
祈りあい、頼り合い、知恵を尽くし、賜物を持ち寄り、神に求め続けることを決してあきらめない。

HOMEへ戻る



Copyright(c)2005 www.f-cc.jp。 All rights reserved.