巻頭言
2018年1月


2018年1月7日

「ありがと」

犬塚 契牧師

さて、モーセの律法に定められた彼らの清めの期間が過ぎたとき、両親はその子を主に献げるため、エルサレムに連れて行った。それは主の律法に、「初めて生まれる男子は皆、主のために聖別される」と書いてあるからである。また、主の律法に言われているとおりに、山鳩一つがいか、家鳩の雛二羽をいけにえとして献げるためであった。そのとき、エルサレムにシメオンという人がいた。この人は正しい人で信仰があつく、イスラエルの慰められるのを待ち望み、聖霊が彼にとどまっていた。そして、主が遣わすメシアに会うまでは決して死なない、とのお告げを聖霊から受けていた。シメオンが“霊”に導かれて神殿の境内に入って来たとき、両親は、幼子のために律法の規定どおりにいけにえを献げようとして、イエスを連れて来た。シメオンは幼子を腕に抱き、神をたたえて言った。「主よ、今こそあなたは、お言葉どおり/この僕を安らかに去らせてくださいます。わたしはこの目であなたの救いを見たからです。これは万民のために整えてくださった救いで、異邦人を照らす啓示の光、/あなたの民イスラエルの誉れです。」父と母は、幼子についてこのように言われたことに驚いていた。シメオンは彼らを祝福し、母親のマリアに言った。「御覧なさい。この子は、イスラエルの多くの人を倒したり立ち上がらせたりするためにと定められ、また、反対を受けるしるしとして定められています。――あなた自身も剣で心を刺し貫かれます――多くの人の心にある思いがあらわにされるためです。」また、アシェル族のファヌエルの娘で、アンナという女預言者がいた。非常に年をとっていて、若いとき嫁いでから七年間夫と共に暮らしたが、夫に死に別れ、八十四歳になっていた。彼女は神殿を離れず、断食したり祈ったりして、夜も昼も神に仕えていたが、そのとき、近づいて来て神を賛美し、エルサレムの救いを待ち望んでいる人々皆に幼子のことを話した。 <ルカによる福音書2章22-38節>

人が遜るまでに必要とされる長い年月と経験する蔑みを考えるとシメオンはやっぱり老人であったと思います。その生涯で、歴史に知らされるユダヤ民族の興亡を何度、思い起こしたでしょうか、さらに身近にローマ帝国に蜂起しては散っていった同胞を見てきたでしょうか。多くの涙と血を前にして、すでに彼は、英雄や武力や高く掲げられた旗に期待することできませんでした。そして、神殿で出会った一人の産まれて間もない赤子に近づいていくのです。その理由をルカは「聖霊が」「聖霊から」「霊に導かれ」と記すのみです。そう書く以外に言葉が見つからなかったのでしょう。シメオンの「主よ、今こそあなたは…」という万感極まる言葉は、ヌンク・ディミティスと呼ばれ、そのまま最古の讃美歌の一つとなりました。Uペトロ3:8「一日は千年のようで千年は一日のようです」…シメオンのこの一日は千年にまさる日でした。約束のメシアと出会ったからです。“メシア”は、ヘブライ語で「油注がれた者」の意味でした。(ギリシャ語ではキリストですが、やがてイエスを示す固有名詞となっていきます)旧約聖書の時代、その即位の際に油注がれたのは、王であり、祭司であり、預言者でした。シメオンはそれが一人の子に統合されるのを垣間見て喜んだのです。▲人生の最後の時、王が定まり、罪の取り成し手を知り、なお共なる預言・希望を、メシアであるイエス、つまりイエスキリストからいただいたのです。▲「この方は常に生きていて、人々のために執り成しておられるので、御自分を通して神に近づく人たちを、完全に救うことがおできになります。」ヘブライ7章




TOP